カテゴリー
未分類

心療内科に行く基準とは

昨日の続きになりますが、心療内科の話題です、よくわかってる方は”知ってるよ、そんなこととおっしゃられると思います。”

ですが自分が病気なのかなと不安に駆られる方は毎年一定数いらっしゃいます。なので自分基準ではありますが、診療に通う基準というものを公開しようかと思います。異論のあるもっと詳しい方もいらっしゃると思いますが、戯言だと聞き逃していただけると幸いです。(あくまで自身の経験からの基準です。統合失調症は多種多様な症状がでるためただの一例です。)

其一;妄想性の障害が発生した。

其二;特に理由もなく人から攻撃される気がする。

其三;意味もなく周囲の人間がだましている気がする。

其四;心療内科は特に怖くない。

※妄想性の障害;人がいない場所から視線を感じる。

背後や上空が多いです、水道管、マンホール、食事中の背後など気を抜きやすいタイミングで発生します。人と会話したり集中できているときは発生しにくいです。人と会話中にありもしない大きな打撃音でびっくりするときは重症です。病院行こう。

※特に理由もなく人から攻撃される気がする

後ろで悪口言われたりヒソヒソ言われたりしてる気がする人は要注意ですね、大抵普通の人はそれほど他人のことを気にしたりはしません。正面にいない人間は自分の正面にいる人を気にしています。

※意味もなく人が自分をだましている気がする。

自分が何か特別な人間とか特殊な実験動物として世の中に認知されているなど有名なのはサトラレなんかが有名でしょうか?そんな人いません。

※心療内科は特に怖くない。

心療内科って別に普通のお医者さんと変わりませんよ。薬漬けにしてどうこうとかないです。不満があるならセカンドオピニオンで紹介状もって大学病院いったほうがいいです。何故か心療内科って統合失調症だと数か月待ちが多かったので鬱で診てもらって詳しく説明したほうが時短になると思います。

ブログ初めて思ったんだけど、僕、普通のことしか文章にできない。

                                                                                                                         

カテゴリー
未分類

人は何故お金を稼がなければいけないのか。    ならば稼げなければ死ぬのか?

病気の時に一番のプレッシャーになるのはお金だと思います。お金のために無理をしてさらに体を悪くする人のほうが大勢いるのではないでしょうか?仕事ができる方であればあるほど誰かを養ったり責任のために一定以上の仕事量を要求されると思います。

最初は大丈夫と言い聞かせながら騙し騙し仕事がこなせると思いますが、ある日誰かに気づかれます。さらに数日後、誰かが問いかけます。

どうしたんですか?

あなたずいぶんひどい顔色してますよ。

その時初めて社会から排除される恐怖を感じると思います。

どうやって誤魔化すかとか治療してうまくやり繰りしようとか考えると思います。

でもそれ間違いだと思います。

”確かにあなたがいないと誰かが困ります。″

でも誰かって誰ですか。同僚さん?社長さん?奥さん?子供さん?株主さん?銀行のローン担当の人?

今一番困ってるひとあなたですよ?

いなくても回るように手回ししませんか?

あなたが一番あなたのために時間を作る時が来てしまいました。

奥さんと子供達は親戚に任せても大丈夫ですか?

仕事は休業可能ですか? 引継ぎや分担は可能ですか?

支払いの見切りは可能ですか?

病院の診断書は主治医意見書はありますか?

市役所の場所や窓口はどこですか?

検索することがいっぱいあります。

現代の仕事は水汲みとちがってとても高度なものになってしまいました、しかし、水汲みは所詮水汲みなのです。

やりたい人が続きをやってくれるはずです。

あなたはあなたの仕事をしましょう時間を作りましょう。

あなたのためにあなたの時間を作ってくれる人に協力を依頼しましょう。病気に気づいた時には強がれる時間はさほど残っていないのです。

一番重要なのは病気なのに無理をしないことです。

まずは時間をつくってください。あなたが一番困っています。

お医者さんと市役所の受付で相談してみてください。

 以上、井上大輝の主張でした、また明日

カテゴリー
未分類

一応このブログは統合失調になって困ってしまった人とその周囲の人向けの記事が中心であることの確認

私が統合失調になってしまった当時はあまり病気の存在が公になっていなかった記憶があります。周囲の人達も気合が足りないとか、精神の病気などないから俺に迷惑をかけるな等の臭いものには蓋というスタンスでよくわからないから病院で薬づけにされるとか色々世の中にとって都合の悪いものとして脚色されているイメージがありました。現在は鬱とか双極性障害とか新型鬱などといった細かい病気の分類が進みこれらの病気と並んで認知が進んだように感じています。

結論だけ言うと、私が本人や周囲の人に知って欲しいのは明らかにパニック障害も含めて精神の病気は脳の故障だということです。

気合が出ないのはあなたのせいじゃないです。自分を責めないで欲しい周囲の人も手を差し伸べてあげられる方は助けてあげて欲しい。

自分にとってとても都合のいい主張であることは百も承知ですが、休ませて回復させてあげて欲しいと声を大にして言いたい。

周囲の都合で見殺しにするという選択をしないであげてほしいのです。

ちなみにwikiなどの情報であれば1%の方は統合失調に遭遇するらしいので病気である人も病気でない人も知識として知っていただけるならとても感謝します。話題にならないだけで100万人くらいはこの病に苦しんでいても隠して生きています。鬱やパニックを合わせるともっと多くの方が病を隠して生きていらっしゃいます。

そういう生き辛い世の中って今現在教えていただいた道義的価値観とは矛盾していると思っています。

私が病気になった当時と比べて病院に行きやすくなって本当にいい時代になったとも思います。

病気の特徴や実体験などは今後公開していきますので今後もよろしくお願いします。

カテゴリー
未分類

早速書き溜めていたものを紛失していたので虚ろな記憶だけが頼りになった件

この前部屋のどこかで見たのでみつかったら報告いたします。

ここまでの経緯から記述

十何年か前に統合失調になった時のブログを思い出しお金が欲しくてブログというものをやってみようと思い立つ。

しかし、世の中は厳しくワードプレストいうものを理解しないとブログさえ立ち行かない時代になっていた、一週間ほど本を読んだりワードプレスのサイトを見たりしてやっとネット上で文章を公開できるようになったようだ。

40過ぎのダメダメ人生だがよろしければお付き合いくださいませ。

一日千字が目標ですが何分まともに文章も書いたこともないので見苦しい文章や字数が足りないこともあると思いますが生暖かい目で見守っていただけると助かります。

ワードプレスの習熟度合いでSEOしてみたり壁紙変わったりと変化させていく予定です。

広告がつけれるようになったらうれしいな。

ここまで約300文字、まずは文章の書き方から勉強しないと何もまともに表現できないと思うちょっとほかの人の文章の構成勉強してくるのでまた明日。

カテゴリー
未分類

統合失調になって10年くらいたったので書き溜めたりしたものや日々の思いを形にしていく

日々の失敗や最適解とかあったのかウダウダ考えていく