カテゴリー
未分類

心療内科に行く基準とは

昨日の続きになりますが、心療内科の話題です、よくわかってる方は”知ってるよ、そんなこととおっしゃられると思います。”

ですが自分が病気なのかなと不安に駆られる方は毎年一定数いらっしゃいます。なので自分基準ではありますが、診療に通う基準というものを公開しようかと思います。異論のあるもっと詳しい方もいらっしゃると思いますが、戯言だと聞き逃していただけると幸いです。(あくまで自身の経験からの基準です。統合失調症は多種多様な症状がでるためただの一例です。)

其一;妄想性の障害が発生した。

其二;特に理由もなく人から攻撃される気がする。

其三;意味もなく周囲の人間がだましている気がする。

其四;心療内科は特に怖くない。

※妄想性の障害;人がいない場所から視線を感じる。

背後や上空が多いです、水道管、マンホール、食事中の背後など気を抜きやすいタイミングで発生します。人と会話したり集中できているときは発生しにくいです。人と会話中にありもしない大きな打撃音でびっくりするときは重症です。病院行こう。

※特に理由もなく人から攻撃される気がする

後ろで悪口言われたりヒソヒソ言われたりしてる気がする人は要注意ですね、大抵普通の人はそれほど他人のことを気にしたりはしません。正面にいない人間は自分の正面にいる人を気にしています。

※意味もなく人が自分をだましている気がする。

自分が何か特別な人間とか特殊な実験動物として世の中に認知されているなど有名なのはサトラレなんかが有名でしょうか?そんな人いません。

※心療内科は特に怖くない。

心療内科って別に普通のお医者さんと変わりませんよ。薬漬けにしてどうこうとかないです。不満があるならセカンドオピニオンで紹介状もって大学病院いったほうがいいです。何故か心療内科って統合失調症だと数か月待ちが多かったので鬱で診てもらって詳しく説明したほうが時短になると思います。

ブログ初めて思ったんだけど、僕、普通のことしか文章にできない。